もっと愛されたい!癒しを求めるパパ活男性のための愛され上手テクニック

パパ活をしていると、相手に対して尊重が足りない女性を見かけることがあります。そういった女性からも適度な愛情を注いでもらえるようになる上級テクニックをご紹介していきます。関係を長続きさせたい方は必見です!

本気で愛されたい!パパ活女子から愛情を貰う方法

ハートを持つ男女の手

 

パパ活をしている男性にとって、女性側からの適度な愛情はなくてなならない報酬です。
中には「完全に職業女子で構わない」「愛が必要ないからパパ活してるんだ」という方もいらっしゃるでしょうが、それなら何故手間のかかるパパ活なんてしているのでしょうか?
それはやはり、クラブや風俗では味わえない親密感癒しを求めているからではないでしょうか。

 

仕事の疲れを癒してくれる、そんなナチュラルな癒しを求めるのであれば、女性側から適度な愛情を注いでもらう必要があります。
こちらもそれ相応の愛情を持っている、向こうも相応の愛情を持っている、というバランスの取れた関係を築ければこそ、パパ活の真の楽しみひいては癒しを感じることができるのだと僕は思います。

 

そこで今回は女性から愛情を貰う方法について、僕なりの考え方をご紹介させていただきたいと思います。
デリケートな恋愛感情に大きく関わる部分なので、これが正解!というものはありませんが、これまでの経験を振り返りながら少しでもお役立ていただければと思います。

 

遊びで十分な取り巻きレベルの女子

取り巻きレベルの女子

 

真剣に関係を続けたいわけではなく、なんとなくその場にいるような取り巻きレベルの女子っていますよね?
一緒に飲んでると楽しいからなんとなくたまに呼ぶけど、別に大切に思ってるわけでもない、という枠の女性です。

 

正直そういったインスタントな関係であれば、こちらから愛情を与える必要もありませんし、あちらから愛情を貰う必要もありません。(下手に貰っても困りますし;)
ですが、最低限であれお互いの事を尊重するためにも、適度な関係は形成するべきだと僕は考えます。
そうしないと、いつまでも”ただのコンパニオン”でしかなく、お互いがお互いに悪い意味で甘えてしまうからです。

 

例えば、女性が酔っ払ってしまったらタクシー代を渡すだけではなくタクシーまで送ってあげる、グループの会話に入れていなければ少しフォローを入れてあげる、こういったちょっとした当たり前の行動をするだけでも女性側の意識が変わります

 

「商売女としか見られてないから扱いが悪いんだ」と思わせてしまうと、こちらにもそのとばっちりが来ます。
「ちゃんと女性として見てくれている」と思わせてあげれば、あちらからもそれなりに尊重してもらうことができます。
僕はライトな関係であったとしても、最低限こういった部分だけは怠ならにようにしています。

 

ふたりデートも楽しみたいお気に入り女子

バーでデートする男女

 

二人きりのデートも楽しみたいと思うようなお気に入りの女性ができたら、あちらからも「二人でいるときはこの人の彼女みたい」と錯覚するような愛情を注いでもらいたいですよね。
そういった、一時的であっても浅くない愛情をもらうためには、ちょっとした信頼感とドキドキ感が必要です。

 

信頼感を演出しよう!

信頼感を演出するためには、自分の情報を”小出しに”開示していく方法が一番手っ取り早いです。
会話の中で自然に「俺○○県出身だよ。言ってなかったっけ?」という感じで、”こっちはもうある程度あなたの事を信頼しているのが当たり前になっているよ”という態度を見せられれば適度な信頼感を簡単に作ることができます。

 

ドキドキ感を演出しよう!

意外と難しいのがドキドキ感の演出です。
一番手っ取り早いのは吊り橋効果を活用する方法ですが、これにはお酒の力と自分自身のテクニックが必要になります。
要は心拍数を上げられれば良いので、まずは適度にお酒を飲ませましょう。もちろん自分も飲んでください。

 

そして自分から仕掛けるテクニックですが、人間なら誰しもが持っている”パーソナルスペース”を上手に活用していきましょう。
(パーソナルスペースについて掘り下げていくと難しい話に脱線してしまうので、詳しくはwikiを参照して下さい。参照:Wikipedia「パーソナルスペース」)

 

パーソナルスペースを使ったテクニック

 

例えば、耳横30cm以内がパーソナルスペースである女性に対して突然耳元5cmで囁くのは不快を感じさせる行為でしかありませんが、耳横20cmくらいに接近して会話をすると、”不快ではないが、警戒している”距離になりますので、自然と心拍数を上げることができます。

 

また腕を組んだり手をつないだりすることに抵抗を感じている女性であれば、無理にそれを強いることはやめましょう。
隣に座って自然に二の腕同志が触れるか触れないかくらいの距離まで接近し、それ以上は触れず、相手の様子を伺いましょう。
もちろんそれもリアクションをよく見ながら、相手が不快に感じ始めたら一度離脱します。

 

こういった物理的な距離の縮め方は少し練習が必要になりますが、効果はテキメンです。
簡単な行動心理術を学べば誰にでもできるテクニックですので、是非会得することをおすすめします。

 

真剣にお付き合いしたい本命女子

真剣に告白するイメージ

 

遊びの関係ではなく、本気で”彼女”と呼びたくなるような本命の相手と出会えた場合は、パパ活で使うような駆け引きテクニックは忘れて、ただ単純に口説くという行為を楽しむのもまた一興です。

 

口説きポイントとしては、パパ活女子は誰しもどこかで”シンデレラストーリー”を期待しているので、その部分をくすぐってあげると成功率がUPします。
ただ、言い方を間違えてしまうと”本気口説き”ではなく”本気契約”もしくは”せこい男”と勘違いされてしまうので慎重に言葉を選びましょう

 

「お金だけの関係は辞めたい」と言ってしまうと、お手当をケチっているかのように勘違いされてしまいます。
「マンション(やお店)を買ってあげる」というもの、愛人契約のような印象を持たれてしまいます。

 

シンデレラに登場する王子様のように、紳士で情熱的で誠実な言動を心がけてみてください。

 

もちろんそれはフェイクでも本気でも構いません。
そういう態度に女性はグッときます。

 

まとめ

愛し合うカップル

 

何事もそうですが、求めるのであれば与えることから始めなければなりません

 

せっかくパパ活するなら愛されたい、愛情が欲しいと思うのは当たり前です。
それと同じように女性も愛されたいと思っているのです。

 

お互いが心地よいと思う距離の愛情を感じ合うために、簡単なことでも少しづつ努力してみてください。
あなたの一つの行動で、女性がどれだけ変わるのか見るのも楽しいですよ。