パパ活するなら”合コン”で新しい出会いを狙い撃ちしろ!高ランク女子との出会いも期待大!

パパ活ブームの始まった今だからこそ、ハイステータス男子と若い女子の合コンが活発です。男女ともに興味を持つ人が多く、合コンから発展する成功率が非常に高いです。上級パパ活の教える合コンのメリットは必見です。

今だからこそ「合コン」が熱い!

パパ活は今まさにブームがスタートしたタイミングです。
男女問わず、これから始めようと思っている人も多く、ネット上の情報も充実しているとは言えません。
注目されている男女の付き合い方だからこそ、利用者が右肩上がりで増えている時期にやる合コンが熱いです。

 

 

パパ活合コンする方法

パパ活合コンイメージ写真

 

パパ活が普及したのはここ最近で、マッチングアプリはありますが合コンなどグループ交際のためのサービスはほとんどありません。
僕は何度かパパ活合コンをした経験がありますが、友人、知人を通じたパパ活コミュニティを活かして行いました。

 

合コンには大きく分けてパパ活系の出会いを前提にしたものと、通常の男女の出会いを目当てにしたものがあります。
なかには合コンという名目ではなく飲み会という設定で既婚者の男性が結婚指輪をつけたまま参加できるようなものもあります。
つまり、パパ活合コンはハイステータス合コンやパーティーの一種です。

 

パパ活を前提にした合コンをする場合は、主に幹事はパパ活で言うパパと娘の親子によるもので、それぞれが友人、知人に声をかけて開催されます。
表向きはパパ活を目的にした合コンだと公言しないですが、男女ともに幹事から大体の趣旨を聞いたり、幹事同士の関係性から汲み取った中で参加します。

 

パパ活だと紹介していない合コンであっても、20歳前後から20代中盤の若い女子と30代、40代のハイステータス男子による合コンであればお互いにパパ活みたいな関係を意識しているものです。
お互いの目的に大きさ違いの出ることが少ないので合コンが開催されれば次に発展する可能性は非常に高いです。

 

 

本気婚活女子が多い

パパ活合コンでは本気で婚活している女子の比率が高いです。
既婚者を名乗ってもチャンスはありますが、女の幹事の友人が来る合コンでは隠した方が賢明です。
本気で婚活している女子が多いのでお小遣いなしで食事を繰り返したり、発展しなくても他の合コンをセッティングしてくれる女子が見つかることもあります。

 

ハイステータス男子との結婚願望が強い女子は積極的で、将来的に良好な関係を築く可能性に魅力を感じて当日お持ち帰りさせてくれるケースもよくあります。

 

僕は若いころに普通の合コンを何度もやっていましたが当日お持ち帰りを成功した経験はありません。
パパ活系合コンになってからは、それなりの成功率を確保しています。
僕はそんなに当日お持ち帰りにこだわっていないですが、遊び意識の高い知人はパパ活合コンのお持ち帰り率は50%以上だと豪語していました。

 

婚活女子

 

若い子の中にはパパ活に興味はあるけど、1人で出会い系アプリを使って始めるのは不安を抱いていて最初の一歩を踏み出せない子も多いです。
身近な友人、知人を介して行う合コンであればパパ活へ繋がる合コンだと知っていても気軽に参加できます。
合コンをすればマッチングアプリには、滅多にいないような純粋で素人感の強い女子と出会えることもあります。

 

マッチングアプリを使った場合、女子は多数の男性プロフィールを閲覧してそこから厳選します。
男女数名ずつの合コンであれば、アプリで活動してもなかなか目当ての子とデートできない男性にもチャンスがあります。

 

 

幹事のメリットもある

僕と娘が幹事をやる場合、さすがに娘の連れてくる友達には手を出せません。
複数の娘のいることを受け入れてくれたり、悟った上で付き合いを続けてくれる子もいますが、常識を考えると娘の身内に手を出すのは気が引けますし普通の女の子であれば友達と同じパパは遠慮するので狙ったとしても難しいです。

 

つまり、幹事をやっても新たな娘を作るのは困難です。
既存の娘と一緒に幹事をするメリットは、娘に対して人脈の広さをアピールできることです。
男のメンツはなるべくハイステータスの人を揃えるようにしましょう。
ハイステータスの男性が何人かいれば1人か2人はスペックは普通だけど話の面白い人を混ぜるのも悪くないです。

 

娘の中には、無理してお金を出しているのではないか?肩書きが嘘なんじゃないか?など疑いを持たれていることもあるので、人脈を持っている本物のハイステータスパパだと知人を介して証明できます。

 

さらに2人きりで会うのとは違い、グループ交際になれば普段とは違う表情を引き出せます。
合コンをキッカケに今まで以上に娘が心を開いてくれて強い信頼関係を構築できることもあります。

 

 

合コンのデメリットと合コン苦手な人へのアドバイス

合コンアドバイス

 

パパ活に限定した話ではないですが、合コンは誘ってくれたり一緒に幹事をする相手がいないとできません。
また、同じ席で複数の男性と一緒に過ごすので、トーク力やステータスで他の男性と比較されます。

 

5対5の合コンだった場合、全員が満足できる合コン結果になることはほとんどありません。モテない人が出てくることもあるし、話がうまいなど強いライバルがいるとサシで会うよりも難しいです。
合コンネタの入ってくる環境のない「ぼっちパパ」や大勢でお酒を飲む席の嫌いな人はマッチングアプリを利用して最初から2人で会う環境で活動した方が良い成果を出せます。

 

パパ活をしている人の中には、ハイステータスだけど女性と接するのが苦手という人もいます。2人で会って緊張したり上手に相手の緊張を解せない人は合コンをすることでスムーズに女の子と仲良くなれることもあります。

 

若者の合コンと違ってパパ活をするような人は気持ちに余裕があってガツガツしていないですし、楽しめていない人にうまくアシストを出してくれるものです。

 

若い頃に恋人を作るための合コンで良い思い出のなかった人でもパパ活合コンの機会があれば積極的に参加してみてください。