ページ上へ

パパになりたいサラリーマン男性 お金はないけどパパになりたい!

一般職員の男性だって、収入が少ない男性だってパパ活してもいいんです。

ただし、成功するためには少しの工夫が必要になります。
このページでは低予算でパパ活を楽しみたい男性向けに役立つ情報をご紹介していきます!

低収入男性向けパパ活攻略テク一覧

低収入でもパパ活を楽しみたい男性、予算をあまり使いたくない男性向けの攻略テクニックです。
少ない予算でも上手に立ち回れば成功率があがります。

File1
リッチに見せるプロフの作り方のサムネイル
金持ちにみせるプロフィールの作り方

あっ!と驚くような低収入でも小金持ちに見えるプロフィールの作り方を教えます。パパ活女子からウケが良い自己紹介文で成功率を上げましょう。

本文続きを読む
File2
プチプラでお金持ち風コーディネイト術のサムネイル
身なりで差が出る!プチプラで金持ち風コーディネート

予算をかけずに小金持ち風に見えるコーディネート講座。パパ活デートはもちろん普段着としても活用できます。

本文続きを読む
File3
リッチなセレブが使っているおすすめレストランのサムネイル
リッチなセレブが使っているおすすめレストランリスト

実際のお金持ち層が普段利用しているおすすめのレストランをご紹介します。もちろん予算は控えめなところを厳選しました!

本文続きを読む
File4
早い段階でお手当0円にする方法のサムネイル
早い段階でお手当0にする方法

お手当、お小遣いの費用をなるべく抑えたい方へ。低予算でパパ活を楽しむ方法をご紹介します。

本文続きを読む
File5
低い予算で初デートを楽しむのサムネイル
低い予算で初デートを楽しむ方法

初めての顔合わせはなるべく予算を抑えたいものです。おすすめの待ち合わせ方法やデートプランをご紹介します。

本文続きを読む
File6
正直に低収入を明かすのサムネイル
正直に低収入を明かすのもアリ

最近のパパ活女子たちは低収入な男性を受け入れやすい傾向があります。実は低収入であるという事実を打ち明けるタイミングや効果的な文句をご紹介します。

本文続きを読む
File7
クレカ現金化で乗り切る方法のサムネイル
最終手段、即日クレカ現金化する方法

手持ちの現金もない、キャッシングもできない、だけどデートの約束は目前。そんな時は最終手段としてクレカ現金化をしてみましょう。ただしリスクは大きいです。

本文続きを読む
Coming Soon!!

低収入男性におすすめのパパ活サイト&アプリ

SugarDaddy(シュガーダディ)
SugarDaddy(シュガーダディ)のスクリーンショット画像
レビューと口コミをみる
総合評価:S+

使い勝手、登録女性の質、機能面、どれをとっても高レベルなシュガーダディですが、なんと言ってもコスパが最強です!
月額2,980円~でこれだけ遊べるなら、恐らく現存するパパ活アプリ・サイトの中ではNo.1だと思います。
なるべく少ない投資でパパ活を初めて見たいという方にはシュガーダディをおすすめします。

paters(ペイターズ)
paters(ペイターズ)のスクリーンショット画像
レビューと口コミをみる
総合評価:A

カジュアルに始められるパパ活アプリです。1年間分をまとめて支払うことで1ヶ月あたり5,400円の課金となります。
利用料金は特別安いわけではないですが、出会える数や成功率を考えれば他のアプリよりもコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

ticmy(ティクミー)
ticmy(ティクミー)のスクリーンショット画像
レビューと口コミをみる
総合評価:C

完全無料で利用できるということで、お金をかけたくない男性にはおすすめなのですが、冷やかしユーザーが多く成功率は激低です。

パパ活をしている低所得男性の割合

パパ活というとお金持ち男性の道楽のようなイメージがありますが、近年パパ活という言葉が世間に浸透したことにより、より庶民的な活動のひとつとして認識されるようになりました。
これに伴い、所得が低い男性であってもパパ活に参加している人を見かけることが多くなりました。

パパ活をしている低所得男性の割合について解説してみます。

低所得の定義

国税庁の調査によると、平成29年の男性平均所得は300~500万円程度だということです。

1年を通じて勤務した給与所得者 4,945万人について、給与階級別分布をみると、300万円超400万円以下の者が867万人(構成比17.5%)で最も多く、次いで200万円超300万円以下の者が781万人(同15.8%)となっている。
男性では、年間給与額300万円超400万円以下の者が523万人(同17.8%)と最も多く、次いで400万円超500万円以下の者の521 万人(同 17.7%)となっている。
引用元:国税庁 民間給与実態統計調査

つまり年収300万円以下であれば低所得者と呼ばれてしまうということです。
ただしパパ活界においては年収500万円以下の男性であれば低所得とみなされる傾向があります。

さて、低収入男性がパパ活に参加している割合ですが、実は日々増加傾向にあります。
パパ活がプチブームになっているということもありますが、最も大きな要因としてはパパ活のハードル自体が下がってきているということだと推測します。

本来であれば高いお小遣いを支払わなければならないパパ活ですが、最近ではお小遣いなしでも遊びに付き合ってくれるパパ活女子が数多くいます。
お金持ち特有の遊びだったパパ活も、今やだれでも気軽に楽しめる遊びのひとつとなっているのです。

年収500万円以下のパパ希望男性は、目算ですが約3割以上はいるのではないかと思います。
もはや少数派ではなくなりましたね。
女性側としても「収入が多くなくても気が合う人がいい」という希望が多いため、成功率も決して低くありません。

このブームが下火になる前に、是非参加しておきたいところです!

藤丸のアイコン
藤丸◆管理人

実際自分の知り合いにも低予算でパパ活を楽しんでいる人がいます。
付き合っている女性も特に不満を抱いている感じではなかったので、男女ともにパパ活に対するお金の価値観が変わってきているのかもしれないですね。

♡mia♡のアイコン
♡mia♡

私の友達にもお小遣いなしの関係を持っている女の子がいますが、それはそれで気が楽でいいと言ってます。
一緒にいると楽しいし、食費が浮くというだけで付き合ってるメリットを感じるそうですよ。

最後に…

お金持ちだけが若い娘を囲う時代は終わりました。
パパ活という文化が生まれたことにより、男性ならだれもが夢見る「美女に囲まれた生活」というものが簡単に手に入れられるようになったのです。

ささやかな趣味のひとつとして、パパ活女子とお付き合いしてみるのはいかがでしょうか?
クラブ遊びや風俗とは違った、新しい楽しみが発見できるはずですよ!