パパ活女子を上手にしつけるためにはこちら側の気遣いやテクニックも必要です

パパ活女子のしつけ方は、まずは娘に好印象を持ってこのパパと付き合ってもらいたいという印象を与えることから始まります。パパの要望や欲求を満たすための指導ではなく、ハイステータスのビジネスマナーとして、非常識な仕草を優しく指摘することから始めましょう。

パパ活女子のしつけ方

中の良い男女

 

パパ活女子の大半は友達に内緒で1人で始めています。
友人の影響で始めた子も都合の良いパパの見つけ方や、良くしてもらった自慢話の情報交換をする程度です。

 

つまり、お店で従業員として雇われて接客をしているスタッフとは違い、パパ活をするにあたって必要な教育や指導は受けていなくて、ほとんどのケースはネットを中心に情報収集した独学です。
パパ活でうまくいかない人は、パパ活女子に対して高い理想を持っていて、「なんでお金払っているのに、こんなに失礼なんだ」と不満を抱くことが多いです。
パパ活女子はパパが上手にしつけて自分の理想的な娘に成長させてあげることが必要です。

 

しかし、しつけが厳しいとすぐに離れていってしまいます。
未熟なパパ活女子を上手にしつけする方法を紹介します。

 

 

まずはパパ活女子に気にいってもらう

パパ活女子はパパを選んでいます。最初から厳しいしつけをすると、違うパパを探そうと思われてしまいます。
まずはパパ活女子に気に入られたいと思うことです。
最初から高額なお小遣いを用意するのが手っ取り早いですが、お小遣いは一度渡した金額が基準になるので、その後も維持しないといけません。
誕生日など特別な時だけ奮発したり、初めてドレスコードのあるレストランに行く前に洋服をプレゼントするなどメリハリを付けたお金の使い方をすると効率が良いです。

 

気に入った娘を見つけて長く付き合っていきたい時は定額制への道を示してあげることも効果的です。
パパ活女子は定額制に魅力を感じている子が多いです。
マッチングアプリを使う場合は、将来的には定額制にすることを明記してもいいでしょう。
慣れてきたら定額制になる将来性のあるパパだとアピールできれば、気に入ってもらおうとパパ活女子も努力をしてくれます。

 

使える予算が限られている場合は、フィーリングの合う子を見つけるしかありません。
お金以外の要素で、このパパと長く付き合いたいと思ってもらえれば、小うるさいことを言っても受け入れてもらえます。

 

 

嫌われたくない気持ちから慎重になるのはNG

バツじるしを作る男性

 

僕の場合は10代後半から20代前半のパパ活女子を娘にする場合、干支で2回りくらいの年齢差になります。
育ってきた環境や時代が大きく違うので価値観も異なります。そもそもパパ活女子は社会にうまく溶け込めない子(普通の仕事をうまくこなせない)も多いです。

 

よくある事例では、デート中もスマホばっか眺めている子がいます。
僕の年齢では、目上の人と会うは極力スマホをみない。メール返信は用事が終わってから返信。
電話は必要な電話だけ一緒にいる相手に断って応対して、長くなりそうなときや急ぎの電話でなければ折り返すように伝えて電話はすぐに切るのが常識です。
LINEで友達とメッセージしたり、SNS、ネットニュースを見るのは常識的に考えて論外です。

 

しかし、今の若い子はスマホ依存症になっていて、2時間くらいの食事でもスマホを一切チェックできないのはストレスに感じてしまう子もいて、スマホを見ないように指導するだけで嫌われることもあります。

 

ある程度はパパがしつけをして社会のマナーをしつけてあげることが必要ですが、明らかに僕の常識とかけ離れている子の場合はしつけにも限界があります。
嫌われたくない気持ちから、スマホばかり見るのを受け入れて付き合いを続けても、他の不満がたくさん出てくるものです。
非常識と感じることは、顔合わせ段階など付き合いの浅いパパ活女子を相手でも、直すように指摘をして、それで嫌われるのであれば仕方ないと割り切るようにしましょう。

 

今の若い女の子の全員が30代、40代から見て非常識というワケではなく、気の利く子も多いですし素直で言われたことを忠実に守ってくれる子もたくさんいます。
パパ活女子をしつけるには、最初に会った時に持っているスキルよりも素直な性格かどうかが重要です。

 

 

ビジネスマナーとして教育する

ムスメにマナーを教える男性

 

パパ活女子をしつけるときは、僕(パパ側)の価値観や僕を満足させるために悪いところを変えてもらうように言うと娘のストレスになり、素直に受け入れようと思ってもらえないことが多いです。
パパ活女子をしつけるときは、ビジネスマナーとして教育するのが大切です。

 

相手と会うときにスマホばかり見る場合でも、「人と会う時はスマホななるべく見ないようにした方がいいよ。僕が仕事の接待でそんなことやったら、一発で切られちゃうよ。
僕と一緒にいるときは一切見るなとは言わないけど、他に大人の人と会うときは、もっと控えるように心がけてね」と伝えます。

 

僕と一緒の時は多少は許すよって伝えることでトゲは出ないですし、寛大で優しい印象を与えられます。
なかには、本当に甘えて僕とのデートならスマホ見放題だと解釈されるときもありますが、そういう子は切っちゃいます。

 

ビジネスマナーとして教育する場合は、パパの経済力がある場合や肩書きを持っている場合に効果的です。
ハイステータスの人と付き合うのに必要なことだと思わせることが大切で、セレブになるための成長だと思ってもらえるかがポイントです。
パパ活女子は、自分のステータスを上げたいと思っていたり、セレブに憧れていることも多いので、言い回しや僕(パパ)の欲求を満たすだけのしつけではないと思ってもらえば、なんでも素直に聞いてくれるようになります。

 

僕の言うことを素直に受け入れてもらえる環境を作れれば、スマホを見るといった細かいことだけではなく、関係の発展付き合い方の要望しつけも受け入れてもらいやすいです。