ページ上へ

多額の現金を手にする男 最終手段、即日クレカ現金化する方法

パパ活をするにはお金が必要です。本当はお金のないパパだけど見栄を張って後には引けなくなる場面もあるかもしれません。
なかには消費者金融から借入をしてデート代やお手当を用意する人もいます。
借金をしてまでパパ活を続けることはオススメしませんが、あと一歩で落とせそうな時に諦めてしまっては、それまでの投資が水の泡です。
消費者金融やカードローンなども利用できない時の最終手段として即日クレカ現金化する方法を紹介します。
活用するかは別にして、資金調達するための引き出しとして覚えておく分には損がないと思います。

クレジットカードを見つめながら微笑む男 即日クレカ現金化とは

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。
キャッシング枠が残っている場合は、クレカ現金化と比較するまでもなくカードキャッシングを活用するべきです。
しかしキャッシング枠は少額に設定されていることが多く、カードの条件によってはキャッシング機能の付いていないこともあります。
ショッピング枠は年収に関係なくカードの利用実績やランク(年会費)に応じて高額な限度額設定が可能ですが、原則として現金化目的の利用は禁止です。
即日クレカ現金化の専門業者は、ネット通販で商品を販売して、購入した商品に対して買取かキャッシュバックで現金を支払うカード規約の盲点を突いたサービスを提供しています。
スピード対応に強い現金化業者であれば、スマホひとつで10~20分ほどで銀行振込による現金化が可能です。

スピーディーに対応できるので、パパ活デート中に仕事の電話が入ったと嘘をついて手続きを進めることもできます。
借入ではないのでブラックの人でも資金調達が可能で、ショッピング枠の残っているクレジットカードさえあれば誰でも利用できます。
現金化の手数料として決済額の10~20%ほどを差し引かれることになります。

消費者金融の審査に通る人も使う価値あり

事前にデート代を工面する場合は消費者金融から借りた方が低コストです。
クレジットカード現金化は支払日に1回払いで対応しても10~20%の手数料を取られるので、資金調達方法の中では高コストです。
メリットは審査不要でスピーディーに資金調達できることです。

大手消費者金融は最短30分審査を売りにしていても、審査センターの混雑状況によっては数時間待たされることがあり、職場への在籍確認を求められるので夜間や土日など職場で電話応対できる人がいなければ審査は翌営業日まで保留になります。
デート中の資金調達で使うには時間の問題が大きいため、どうしてもすぐに現金が必要な時は即日クレカ現金化を活用すると良いでしょう。
コストは高くても、お金が足りなくてメンツを潰すよりかはマシに感じる場面があるでしょう。

現金が一番喜ばれる

ショッピングや食事代、ホテル代などカード決済できるものもありますが、パパ活ではお手当として現金を求められるシーンが多いです。
パパ活女子から見れば、高い食事をご馳走してもらってお手当がないよりも、そこそこの食事で現金のお手当を受け取った方が嬉しいものです。
現金がないという理由から家賃の引き落としを自分名義にするなど長期的な支払いサービスで対応する方法もあります。
生活費の負担を軽減する援助であれば現金以上に喜んでくれる子もいます。
しかし、現金が足りないことを理由に長期的な支払いで対処すると総コストが高く付きますし、簡単に縁を切れなくなってしまいます
現金以外の方法で強引に納得させるよりも、即日クレカ現金化によって現物支給した方が手数料を差し引いても安く済みます。

非常に怪しい黒いハットの男 クレカ現金化は悪質業者が多い

クレカ現金化業者は、通販業者の形を取っているため貸金業の認可を受ける必要がありません。
Webサイトのみで簡単に運営できることから、悪質業者が非常に多いです。
公式サイトでは「換金率最大95%以上」と明記していても、実際に問い合わせすると税抜き価格を基準に振込額を計算したり、各種手数料などを言い訳にして実質換金率が60~70%程度になってしまうことがあります。
なかには個人情報の収集を目的にしていて、問い合わせをすると闇金や詐欺グループ、情報商材会社からガンガン連絡の来てしまうこともあります。
デート中に簡単なリサーチで見つけた業者を適当に使うと、悪質業者に引っかかるリスクが高いので注意しましょう。
現金が足りなくなる可能性がある場合は、事前に口コミなどから信頼できる現金化業者をピックアップしておきましょう。
2回目以降の利用は手続きや説明される内容が簡略化されるので、まずは試しに少額で利用した実績を作っておくテクニックもあります。