1981年生まれ。東京都出身。
千代田工科芸術学園を卒業し、
success produceにて
TV番組制作や企業VPなどを学び、その後ポストプロダクションに移り数多くの番組や企業VP、映像作品などの編集を担当。
2012年に現在の制作会社に移り。

TV番組制作を軸としてVP・映像作品など様々なジャンルの制作を行っている。

何かを表現したいという想いが強かったですね

質問:お仕事は?
川口さん:クリエイティブディレクターをしています。特に、テレビ番組や音楽作品のPVなどの映像作品を担当しています。基本的に、映像に関する仕事であれば特に決まったジャンルはなくて、幅広く仕事をさせてもらっています。

質問:子供の頃の夢は?
川口さん:コックさんになりたいと思っていたこともありますが、明確に何かになりたいというより、その時その時で変化していたと思います。

質問:どうして今の職業に?
川口さん:小さい時からだと思いますが、何かを表現したいという想いが強かったですね。表現方法って色々な形があると思いますが、自分の中では「映像」が最も影響力が強い表現方法だった。表現者、映像に関わる仕事と選択していったら、ディレクターという道に進んでいました。

クリエティブな活動に、自然に利用出来るツールだと思います

質問:編集をするときはパソコンで?
川口さん:まずは、スケッチブックやノートに簡単な構成をまとめます。そのあと、パソコンで具体的な作業に入るというのが一般的なパターンですね。ふとした時にアイデアが生まれることも多いので、持ち運べる紙のノートなどがやはり多いですね。

質問:「IdeaPad U310」を使って仕事を?
川口さん:構成や台本をまとめる時は、ノートを使うことが多かったんですが、「IdeaPad U310」を使い出してからは、これでまとめることも増えました。アイデアってふとした瞬間に生まれるので、起動のスピードが遅いパソコンではアイデアを逃してしまう。「IdeaPad U310」は起動が速くて、アイデアの瞬間を逃さずにノート代わりに使えるというのが良かったと思います。

質問:昔はパソコンで構成を練ることは考えられなかった?
川口さん:そうですね。やっぱり、起動の遅さがネックでした。立ち上がりを待つ間に、アイデアがどこかに行ってしまう。時間が経つと、自分の中でも冷めてしまって、面白いことが出てこないことが多いので、すぐ何か出来るという点がすごく重要でした。

質問:「IdeaPad U310」なら手書きでなくともアイデアを生み出していけるようになったということですか?
川口さん:はい。そう思います。大袈裟ですけど「IdeaPad U310」が、発想する、記録する、表現するという人間の行動に歩み寄って来た気がします。今までのものとは違い、クリエティブな活動に、自然に利用出来るツールだと思います。

質問:アイデアを生み出す以外に「IdeaPad U310」を使って良かったと思えたことは?
川口さん:クライアントとのやりとりの時に、今までのパソコンだと正直、フリーズしてしまうことが多かったので、スムーズなやりとりが出来なかったり、細かい部分が詰められなかったり大変でした。「IdeaPad U310」を使ってからは、まったくトラブルはないですね。そういう時に、使って良かったって思えますね。

質問:最後に、クリエイティブディレクターを目指す若者にアドバイスを
川口さん:沢山のモノを見て、沢山のことを誰かに伝えていくことが大切だと思います。
テレビでも、音楽でも、映画でも、自分ならどう見せるとか、こうしたらカッコイイということを自然と考えるようにしていると自分の表現を高められると思います。
色々な作品を見て、いっぱい自分を表現しましょう!



Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、 Intel vPro ロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporationの商標です。
インテル®ターボ・ブースト・テクノロジーに対応したシステムが必要です。インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーおよびインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0 は、一部のインテル® プロセッサーでのみ利用可能です。各PCメーカーにお問い合わせください。実際の性能はハードウェア、ソフトウェア、システム構成によって異なります。

ウルトラブックその他のおすすめ記事

PAGE TOP