プロサーファー。1981年2月10日生まれ。神奈川県出身。ホームブレイクは辻堂(つじどう)海岸、鵠沼(くげぬま)海岸。高校2年の時に本格的にサーフィンを始めアマチュア時代には、世界戦選考会で2大会連続日本代表として世界戦進出。2009年にJPSAプロ公認を取得し、新人の憧れである「ルーキーオブザーイヤー」を獲得。類まれなセンスを持ったプロロングボーダー。http://ameblo.jp/house-amor202/

サーフィンは初めて長続きしたスポーツですね

質問:お仕事は?
辻嶋さん:プロサーファーです。2009年にJPSAプロ公認を取り、国内外問わず、コンペティション(大会)に参加していますので、色々な国でサーフィンをさせてもらっています。

質問:サーフィン歴はどのくらいですか?
辻嶋さん:高校2年の時にクラスの友達と始めたので、サーフィン歴は10年くらいですね。出身が神奈川県藤沢市の辻堂で、小さい時から湘南の海で遊んでいて、自然にサーフィンを始めました。色々なスポーツに興味を持ちましたが、サーフィンは初めて長続きしたスポーツですね。

質問:子供の頃の夢は?
辻嶋さん: 小さな時から父親(職人)の背中を見てきたので、家業であるクロス職人を継ごうと考えていました。

質問:サーフィンの魅力は?
辻嶋さん:スポーツとしての面白さはもちろんですが、海にいると都会では感じられない、自然の大きさを感じることができます。そこには、決まったコースやルールはなくて、自分が思う最高のパフォーマンスをイメージして、表現できるという所が魅力だと思います。

プロとして、新しい表現スタイルが出来るようにもなりました

質問:サーフィンにUltrabook™は必要?
辻嶋さん:もちろん必要で、非常に重要なアイテムです。刻々と変わる波の状況、風などもチェックしますし、以前と比べて、局所的な情報をインターネットで手に入れることが出来るようになりました。Live映像なんかも配信されているので、逐一情報を入手して戦略を考える時に活用しています。
プロとして活動している以上、活動記録をアピールすることも重要なので、ブログ等を通じて常に情報発信は行っています。

質問:Ultrabook™を使って変わったことは?
辻嶋さん:まず、一番大きな変化は、どこにでも持ち運べるようになったこと。海外遠征では、色々なアイテムを持ち歩くので、「IdeaPad U310」の薄さと軽さはものすごく助かります。また、自分がサーフィンしている姿を客観的に見ることは重要で、友達や妻にビデオで撮影してもらい、その場で姿勢等のチェックに使っています。動画を編集する為に必要なパワーが備わったパソコンでないとすぐに止まってしまいますので、「IdeaPad U310」は非常に役に立っています。今まで、動画の編集となると、自宅のデスクトップパソコンじゃないと出来なかったのですが、今は、「IdeaPad U310」一台で出来ちゃう。撮ったその場で、世界中の人達に自分の映像を自分で伝えられるという、今まで出来なかったことが簡単に出来るようになって、プロとして、新しい表現スタイルが出来るようにもなりました。

質問:最後に、プロのサーファーを目指す若者にアドバイスを
辻嶋さん:向上心を常に持つことだと思います。常に高い志を持って、一つ一つの行動を常に意識しながら練習をする。1本1本のサーフィンを無駄にしない!そういう積み重ねが、プロへの道程を作ってくれると思います。
楽しく、真剣に頑張ってください!



Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、 Intel vPro ロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporationの商標です。
インテル®ターボ・ブースト・テクノロジーに対応したシステムが必要です。インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーおよびインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0 は、一部のインテル® プロセッサーでのみ利用可能です。各PCメーカーにお問い合わせください。実際の性能はハードウェア、ソフトウェア、システム構成によって異なります。

ウルトラブックその他のおすすめ記事

PAGE TOP