HP ENVY6-1000プレミアムレビュー

  •   ※ 2012.08.08 追記 - (11). 後記 Internal structure 追記※ 2012.07.20 追記 - (10). OVERALL 追記完了※ 2012.07.20 追記 - (7). Lifestyle-2 追記完了 ※ 2012.07.18 追記 - (8). Benchmark 追記完了 ※ 2012.07.17 追記 - (9). Adobe 追記完了 本レビューは「 Zigsow×Ultrabooker.jp 」によるプレミアムレビューになります。  HP ENVY6-1000は、Intel社の新しく提唱するUltrabook(薄型軽量ノートパソコン)のカテゴリに位置する製品で、Intel 第三世代CPUや、SSDアシスト・ハードドライブ、15.6型ワイド液晶ディスプレイなど先...
  • え!? なんとヒューレット・パッカードのウルトラブックレビューに選んでいただきました。 コンピュータの雄ばかりがおられるここzigsowにて、 パンプスやらソーインググッズやら台所用品やら、やたらニッチなレビューばかり載せている私が、です。 レビューに応募してから言うのもなんですが、ちょっとプレッシャーに負けそうです。。 でも、そんな私を選んでいただいたということでいいんだよね!?   と開き直って、私なりの視点で、私なりのレビューを書かせていただきたいと思います。   ※7月21日、追記いたしました。 ※8月...



※画像は米国仕様です。実際の製品と異なる場合があります。

未来のエンターテインメント環境があなたに

「ハイビジョンコンテンツの高画質映像を鮮やかに描き出す「16:9」パネルを採用」

例えば、あなたがフルハイビジョンの映画や録画したテレビ番組を見る時、余白が気にせず、大きな画面を生かしてフルハイビジョンの楽しみ方が出来る。
Ultrabook™。そこには、電源ケーブルや起動の制約はありません。どこでも自由に、お気に入りの映画鑑賞が可能に。

 

「薄型パソコンの常識を覆す、豊かで広がりのあるサウンドBeats Audio™を採用」

例えば、あなたが音楽を聴く時、様々な音をより高品質な状態で出力するBeats Audio™により、厚みがあり臨場感あふれるサウンドで楽しめる。どんな場所も、小さなコンサートホールとなることでしょう。
さらに、薄型のパソコンで不足しがちな低音域の出力を充実させるために、本体底面に低音出力のためのHP Triple Bass Reflexサブウーファーを搭載している。薄さと迫力のサウンドを実現した正にホームモバイルPCの新しい形。

※画像は米国仕様です。実際の製品と異なる場合があります。

家の中どこでも気軽に使える

「ホームモバイルPCの新しい置き方を提案するデザイン」

リビングや寝室など様々な場所で気軽に楽しめるホームモバイルPCとして、薄く、軽いデザインに仕上がっている。持ちやすさに配慮し、手にフィットする形状と、底面にラバー素材を採用している点も特長。
また、トップカバー、パームレストにはアルミニウム素材を採用した上でヘアライン加工を施し、高級感のある仕上がりになっており、リビングや寝室の風景を損なわない。

使ってわかる快適さ

「各種インターフェイスを両サイドに配置」

DVDを見たい時、家族で撮った旅行の映像を見る時この快適さに気付くことになるでしょう。
USB3.0(大容量ハードドライブをはじめ、対応する周辺機器を接続できるUSB3.0に対応。USB2.0と比べ約10倍の高速データ (最大5Gbit/秒) 転送を実現。)や、HDMI出力端子など、よく使うインターフェイスは本体の側面に配置。周辺機器やケーブル類などを接続する際に、素早く確実なアクセスが可能。
また、薄型なボディにもかかわらず、デザイン性を損なわずにネットワークポートを搭載するなど、豊富なインターフェイスを備えていることも特長。
本体の電源がオフになっていても、ミュージックプレイヤーやスマートフォンなどにいつでも充電できる、「電源オフUSBチャージ機能」(※)を搭載。
パソコンを起動せずに充電できるので便利です。※USB2.0のみ対応

みんなの使いやすさがそこに

「エンターテイメントの幅を広げる2in1メディアスロット」

面倒なケーブルやアダプター接続なしに、デジタルカメラや携帯電話などの保存データを、手軽に移動できる。
より大容量データが扱えるSDXCカードをはじめ、SD/SDHCカードやマルチメディアカードがアダプターなしで接続できる、 2in1メディアスロットを搭載。


15.6インチワイドディスプレイ搭載Ultrabook™『HP ENVY6-1000』のレビューアーを2名募集いたします。
今回のレビューテーマは「大画面Ultrabook™の活用方法」。
あなたならではの、15.6インチワイドディスプレイという大画面Ultrabook™『HP ENVY6-1000』の使い方を提案してください。
“そんな使い方があったのか!”、“なるほど!その使い方は素晴らしい!”といったオリジナルなアイデアをお待ちしております。
期限までに、レビューテーマを満たしたレビューを書いていただければ、『HP ENVY6-1000』をそのまま差し上げます。

【レビューテーマ】
今回のレビューテーマは「大画面Ultrabook™の活用方法」です。
あなたならではの、15.6インチワイドディスプレイという大画面Ultrabook™「HP ENVY6-1000」の使い方を提案してください。
下記のテーマについて、実際に使ってみてよかったところ、改善してほしいところなどを含めて必ず写真を用いて詳しくレビューしてください。可能であれば動画もご活用ください。

※レビューシステムにはジグソーのサービスを採用しております。応募時もしくは事前にジグソーサービスにご登録頂く必要がございます。
選出者数
2名
応募締切
2012年7月8日(日) 23:59まで
お問い合わせ
admin@ultrabooker.jp (Ultrabooker.jp運営事務局)


レビュー要項
Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、 Intel vPro ロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporationの商標です。
インテル®ターボ・ブースト・テクノロジーに対応したシステムが必要です。インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーおよびインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0 は、一部のインテル® プロセッサーでのみ利用可能です。各PCメーカーにお問い合わせください。実際の性能はハードウェア、ソフトウェア、システム構成によって異なります。詳細については、http://www.intel.co.jp/jp/technology/turboboost/ を参照してください。

ウルトラブックその他のおすすめ記事

PAGE TOP